HOMEスタッフブログ植物 > 平成に流行ったガーデニング植物

スタッフブログ

2019年4月29日
平成に流行ったガーデニング植物
デザイン

こんにちは 只木です。

ゴールデンウィークですね! 10連休ですね!!

園芸店にとっては最繁忙期。私達はずっとお仕事です、、、

 

間もなく終わる平成。

ガーデニングに使われる植物にも流行がありました。

平成を振り返ると、生長の遅いもの、病害虫に強いもの、自然樹形がきれいなもの等、総じて「管理の手間が少ないもの」や「ナチュラルなもの」に人気があったように感じます。

 

例えばシンボルツリー

昔は庭ではあまり見かけなかったですが、今は大人気のシンボルツリー達

 

シマトネリコ

シマトネリコ

 

 

ソヨゴ

ソヨゴ(株立)

 

 

オリーブ

オリーブ

 

 

草花も、丈夫で手間がかからないものが人気に。

例えば、

 

クリスマスローズ

クリスマスローズ

 

 

ギボウシ

ギボウシ

 

 

バラは、管理の手間はかかりますが、今も昔も根強い人気。

でもそのバラでさえ、より四季咲き性の強いもの(1年に何度か花が楽しめるもの)、

房咲きのように花がたくさんつくもの、病気に強い品種など、多種多様な品種が出てきて、人気の品種は変化しています。

ツルバラ

 

バラ

 

 

園芸植物の宿命でしょうか。

人間社会の変化と共に、流行り廃りがあります。

 

新しくやってくる令和。

園芸植物にも新しい潮流がまた出てくるでしょう。

どんなものが時代に求められ、登場してくるのか、しっかりキャッチしていきたいです。

pagetop