スタッフブログ

2017年1月24日
バラの植え替え

こんにちは 只木です。今回はバラの管理作業についてです。

 

バラは、季節ごとに管理作業が色々ありますが、中でも休眠期の冬は、

剪定・植え替え・移植など、春にきれいに花を咲かせるための作業が目白押しです。

遅くとも2月中旬までには剪定や植え替えすることをオススメします。

 

私達も、鉢植えのバラを植え替えたので、作業を簡単にご紹介します。

鉢植えのバラは、年1回は新しい用土で植え直して、新たに根が伸びるスペースを作るとともに、病害虫を持ち越さないようにすることが大切です。

 

作業開始。まずは剪定です。

バラ 植え替え前

 

太い元気な枝だけを選別して残します。冬の剪定はけっこう大胆に切ります。

地植えで育てているバラも、冬に必ず剪定しましょう!!

バラ 剪定

 

剪定完了です。さっぱり(^-^)

バラ 剪定後

 

次に、鉢から根を抜きます。と、ここでショッキングなことが、、、

コガネムシの幼虫が鉢の中にたくさんいました!!多分10匹以上!!!

こういうことがあるので、年1回は必ず植え替えしましょうね。

 

コガネムシ 幼虫

 

コガネムシ 幼虫

気持ち悪~いと叫びつつ、全て捕獲して廃棄しました(-。-;)

 

幸い根が少し残っていたので、気を取り直して作業続行です。

 

根についた古い土は全て落として、できれば洗い流して、長すぎる根などはカットして形を整えます。

清潔な鉢を用意して、新しい土で植え込みます。

私達は、バラ専用の培養土を使いました。(ちょっと手抜きです(*゚ー゚*))

バラ 植え替え

 

バラ 植え替え

 

根と根の間まで土を入れて、最後にたっぷり水やりです。

バラ 植え替え

 

やれやれ、これで一段落。

春にまたきれいに咲いてくれることを祈りつつ、作業完了です(^o^)/

2017年1月17日
真冬の花壇では

こんにちは 只木です。毎日寒いですね~~

 

気付けば1月も中旬。1月中旬~下旬が最も寒さの厳しい時期。

植物達も冬越しの真っ只中です。

 

じっと休眠するもの、寒さに当たって新芽を出すスイッチが入るもの、霜で枯れてしまうものなどそれぞれですが、今を乗り切れば何とかなる、という時期に間違いありません。

 

グリーンブリーズの花壇では、そんな中パンジーとビオラは咲き続けてくれていて、かわいらしいのにとっても頼もしいです。

 

パンジー ビオラ 真冬

 

パンジー ビオラ 真冬

 

パンジー 真冬

 

早く暖かくなるといいね(^-^)

2016年12月23日
植物・花壇 冬のお手入れ

こんにちは 只木です。早いもので今年も残り少なくなりましたね。

 

11月に雪が降ったり、妙に暖かかったり、季節がぐちゃぐちゃな感じですが、花壇などの植物達はゆっくりと変化しています。

季節の変化に合わせてお手入れをしましょう。

 

【バラ】

バラ 12月

冬は休眠に入ります。

バラは冬が剪定、植え替え、移植など、もっとも大きく手入れする時期です。

私達も鉢植えのバラを剪定・植え替えしなくては。

 

【草花】

寒さに弱いものは、鉢上げして軒下などに移動させましょう。

枯れた1年草は、寒さに強いものと交換しましょう。冬はパンジーやビオラを植えるのがおススメです。

アイビーゼラニウム 鉢上げ

花壇から鉢上げしたアイビーゼラニウム。

日当たりの良い場所で冬越し中です。

 

冬の草花植え込み前

花壇の中、枯れた1年草を抜きました。このあと冬の草花を植えます。

 

【庭木】

落葉樹(冬に落葉する樹木)は、冬が剪定の時期です。

ただし、樹種によって、望ましい剪定時期は違います。

可能な限り、樹種ごとに適期を調べてから剪定しましょう。

 

常緑樹(冬でも葉がついている樹木)は、冬に剪定すると弱ってしまうのでそっとしておきましょう。

2016年11月6日
パンジー・ビオラの季節です

こんにちは 只木です。11月、徐々に寒くなってきましたね。

オザキフラワーパークの草花売り場に、今年もパンジー・ビオラがズラ~っと並びました。

 

パンジー ビオラ

 

パンジー ビオラ

 

冬の草花の代表選手。色も種類も毎年本当に豊富です。

 

今年はどのパンジー・ビオラを植えようかな、、、

色々と想像しながら売り場をウロウロ物色するのはとっても楽しい♪

 

この紫に薄黄色の縁取りの感じ、惹かれました↓

ビオラ

 

※花壇にパンジー・ビオラを植える場合、できれば11月中に植えるのがおすすめです。根の張りが良いので。

 

 

ガーデンシクラメンや宿根ネメシアも今の時期おすすめです(*^-^)

 

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン

 

宿根ネメシア

宿根ネメシア

2016年10月30日
ある日のグリーンブリーズ

こんにちは 只木です。やっと秋らしくなって、、、むしろ肌寒いくらいですね(^_^)

 

~ある日のグリーンブリーズ~

お隣の売り場担当者が、到着した荷をほどいていた。

「ちょっと一時的にひっかけさせて!」と言いながら、次々と不思議なものをひっかけて行く。

 

ヘリコニア

 

「何これ~」と興味津々のスタッフ達。

 

ヘリコニア(オウムバナ科)という中南米原産の花々らしい。

 

毛が生えてる!形がカッコイイ!色が気持ち悪い!カニの脚肉みたい!鳥の生首みたい!

口々に感想が飛び交う。

何とも不思議なお姿。

 

ヘリコニア ムトシアーナ

ヘリコニア ムトシアーナ

 

 

ヘリコニア ポゴナンタ

ヘリコニア ポゴナンタ

 

 

ヘリコニア セクシースカーレット(手前)

ヘリコニア セクシースカーレット

 

さすがオザキフラワーパークですねえ。

様々な植物が登場します。

どのような形で売り場に出ることやら。ワクワクします♪

pagetop