HOMEスタッフブログ植物 > レモンの木とアゲハチョウの幼虫

スタッフブログ

レモンの木とアゲハチョウの幼虫
植物

こんにちは 只木です。

毎日本当に暑いですね~

 

資材置き場で育てている鉢植えのレモンの木。

さすが、暑いのが好きみたいで、猛暑の中元気に葉を茂らせています。

 

レモン マイヤー

 

 

育ててみて気付いたことは、葉から甘くさわやかな香りがほんのり漂ってくること。

とっても良い香り、、、

 

でもうっかりしていると、アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫に葉を食べられています。

 

用心しているんですけどね。

あ、鳥の糞のような模様の幼虫がついています!

ナミアゲハ 幼虫

 

ナミアゲハ 幼虫

 

 

もっとうっかりしていると、葉っぱをいっぱい食べられて、緑色の終齢幼虫に成長していてびっくり!!

目が合った!?

ここまで大きくなったものは、何となく、放置して羽化させてやります。

(また卵を産んでしまうだろうけど、、、^^;)

ナミアゲハ 幼虫

 

ナミアゲハの幼虫はミカン科の植物を食草にしているので、レモンだけではなくミカン、サンショウなどにも必ずと言っていいほど発生します。

 

うちのレモンは無農薬で育てているので、発生しても仕方ない。

でも葉が全て食べられてしまうのは避けたいので、幼虫が小さいうちにできるだけ捕殺しています。

ある時、踏みつぶした幼虫を、アリがあっという間に運んで行くのを目にしました、、、

何というか、食物連鎖の一端でしょうか。農薬を使わなくてよかった気がします。

 

アゲハの幼虫は、毒を持たず、人には無害。

早期に取って殺す、多少葉が食べられても気にしない、という適当な駆除方法でつきあっています(^_^)

pagetop