HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年7月10日
花壇の手入れ(春~夏)

こんにちは 只木です。

 

春から夏にかけては、植物の生長が特に早いので、放っておくとすぐボサボサ伸び放題になります。

グリーンブリーズの花壇は、管理の手間が少なくて済む植栽にしています。

それでも、春から夏にかけては(普段より)こまめなお手入れを心掛けています。

 

グリーンブリーズの花壇 2016年7月10日

夏の花壇

 

夏の花壇

 

夏の花壇

 

お手入れとして主にやっていることは、、、

 

①花がら摘み:終わった花は摘み取って捨てる

 

取り除いた花がら

花がら摘み

 

 

②不要部分のカット:伸び過ぎた部分、茂って混み合った部分などを切ってすっきりさせる

ハサミを握り、床屋さん気分で、さっぱり、見映えよく、を目指します。

 

カットした植物

はさみ入れ

 

植物のカット

 

 

③水やり:土の表面が乾いていたら、涼しい時間帯(朝か夕方)にたっぷり水やり

 

の3点です。

とはいえ毎日はお手入れしていません。できる時にできる事だけです。

ビシっと管理された感じより、育つに任せてワーッと茂っている感じの方が好きなのです(^_^;)

2016年6月27日
夏の花壇(再び)

こんにちは 只木です。晴れ間がのぞくとけっこう暑いですね~

 

今年の夏の花壇、写真があまり良くなかったので再掲載させていただきます。

 

夏の草花を植え込みして、20日くらい経過したところです。

今年の夏の花壇のテーマは「爽やか」

夏の花壇

 

夏の花壇

 

夏の花壇

 

植えた苗が、今は何となく根付いてきた感じです。

根付くまでは水切れを起こしやすいのでこまめに水やりします。

根付いた後は、それほど頻繁に水やりしません。そうなれば管理作業も軽減されます。

 

もう少しアップで見てみましょう。

 

ニチニチソウ

ニチニチソウ

 

ペンタス

ペンタス

 

ジニア

ジニア

 

ギボウシ

少し地味ですが、花壇の一角で美しい葉を茂らせています。

ギボウシ

 

ブラックレースフラワー

小さい苗を秋に植えておいたら、こんなに大きくなりました。

白いレースフラワーのつもりで植えましたが、咲いたらブラックの方だったのでちょっとびっくり。

まあ、ブラックもすてきな花だったので、いいか、、、とそのままにしています。

 

ブラックレースフラワー

 

ブラックレースフラワー

 

花壇は夏に向けてにぎやかになってきました。

これからの生長や変化が楽しみです(*^_^*)

 

2016年6月18日
夏の花壇

こんにちは 只木です。

先日バラで盛り上がったと思ったら、、、あっという間に梅雨になり、初夏になっていました。

 

ガーデニング業界、春は最繁忙期。なかなか手が回らなかった花壇を、先日夏バージョンへとやっと模様替えしました。

今年の夏花壇のご紹介です!

夏の花壇

 

今年の夏花壇のテーマは「爽やか」です。 陽射しが強い(>_<)

夏の花壇

 

夏の花壇 ニチニチソウ アンゲロニア

 

夏の花壇

 

メインはニチニチソウにしました。アンゲロニアも多めです。

ニチニチソウ

ニチニチソウ

 

アンゲロニア

アンゲロニア

 

アンゲロニア

 

今回の夏花壇では、以下のような植物を植えました。

ニチニチソウ、アンゲロニア、ユーホルビア ダイアモンドフロスト、ジニア、トレニア、ペンタス、オレガノ ケントビューティー、ブルーファンフラワー、アイビーゼラニウム

 

ニチニチソウは、こまめに花がら(花が終わったもの)を取り除きましょう。

できれば1日1回、花がら取りをしましょう。

ニチニチソウ 花がら

↑ニチニチソウの花がら、わかりますか?

花がら取り=花がポロっと落ちていたら取り除く、です。

 

グリーンブリーズの花壇は、日当たりが強過ぎる、風通しが良く乾燥する、特に夏は植物にとって過酷な環境といえます。

植える植物は、比較的乾燥に強いもの、もともと強い性質のものを選びます。

 

植物を植える時、何と言ってもまず「環境」ありき、です。

環境に合うものを植えないと、色々なことがうまくいきません。

日当たり、土の湿り具合い、風通しなど、植物を植えようとしている場所がどのような環境なのか、よく観察してから植物をセレクトしましょう!!

それでも結局、実際に植えて育ち具合を見ないと、その環境が合っているかどうかわからないのですが、、、

2016年5月8日
バラの季節

こんにちは 只木です。

ゴールデンウィークが終わる頃から、本格的なバラのシーズンがやってきますね!

 

オザキフラワーパークのバラ売り場は、苗が一斉に咲き出して、とても華やかになっています。

閉店後の夜などに売り場に出ると、なんだか秘密の花園にいるような、夢見心地になります(笑)

バラ 売り場

 

バラ 売り場

 

バラ 売り場

 

 

店内の壁面に這わせているバラも咲き始めました。

蕾がまだいっぱいあるので、開花が進めばもっと豪華になることでしょう。

バラ オザキフラワーパーク

 

 

私達が資材置き場で細々と育てているバラも、咲き始めました(*^_^*)

バラ

 

バラ 咲き始め

 

バラは花の中の花、という感じで特別感がありますね。

こんなに惹きつけられ、心を揺さぶられるのはなぜなんだろう、、、と毎年思います。

 

「今年も咲いてくれてありがとう」

 

これからしばらく、楽しませてもらいましょう♫

2016年4月27日
おすすめの本

こんにちは 只木です。

私達が資材置き場で育てているバラは、モリモリと葉や蕾を茂らせています。

早咲きのロサ・ユーゴニスは既に咲き始め、、、もうすぐバラが咲き乱れる季節を迎えますね(*^_^*)

バラ 4月

 

開花し始めたロサ・ユーゴニス

ロサ・ユーゴニス

(あまり良い写真がなくて(汗) 次はもう少しきれいな写真を載せたいです)

 

今回は、最近出版された本で、「これはいい!」と思ったガーデン植物系の本を2冊ご紹介します。

 

「寄せ植えや庭づくりに役だつ 草花の選び方・使い方ノート」

黒田健太郎 黒田和義著

2016年3月 家の光協会発行

草花の選び方・使い方ノート

普段私達が花壇の植え込みに使う植物がいっぱい載っている。

園芸植物の特徴や育て方のコツがわかりやすくまとめられていて、とっても便利です。

 

「別冊NKK趣味の園芸 日陰をいかす美しい庭」

2016年4月 NHK出版発行

日陰をいかす美しい庭

特に「第2章 日陰で使いたい植物図鑑」がコンパクトにまとめられていて便利!

日陰の環境にお悩みのお客様は、グリーンブリーズにもたくさんご相談にいらっしゃいます。

植物選びの参考にしていただきたい1冊です。

 

どちらの本にも、私達が庭づくりの際にリアルに使う植物がいっぱい載っている!と感じました。

植物のチョイスにお悩みの方は、ぜひご参考になさってください!!

(2冊ともオザキフラワーパーク2F書籍コーナーで販売していますよ(^_^))

pagetop