HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

2014年5月5日
「お庭のデザイン相談会」開催しました

こんにちは、大津です。

すっかり日中は初夏の陽気ですね。
皆様のガーデニング意欲が高まるこの時期に、ガーデンデザイナーによるお庭のデザイン相談会を5月3日、4日に開催しました。


今日はその様子をご報告したいと思います♪♪


 

 

まず、デザイナーが世間話を交えつつ、お客様のご要望を細かくお聞きして行きます。

201405相談会の様子

 

「庭を変えたいけれど、どうしていいかわからない」

「とりあえず現状を変えたい」

もやもやとしたお客様の思いをデザイナーが読み取り、お客様のこれからの暮らし方、庭に求めるものを形にしていきます。

経験豊富なデザイナーの腕の見せ所です!!

 

201405相談会の様子

 

今まで思っていたこと。

デザイナーに指摘されて初めて気づいたこと。

思ってもいなかった庭の使い方。

デザイナーのラフスケッチでお庭が変わる想像ができた途端、ご相談者の目が輝きだすのが印象的でした。

ご来店して下さった皆様、お忙しい中、ご相談にいらしていただき本当にありがとうございました。

 

おかげさまで大盛況で、飛び込みのお客様には待っていただくことも多かったので、事前のご予約をお勧めいたします。

また、次の機会に皆様にお会いできるのを楽しみにしております♪♪

 

2014年4月16日
春の花壇

こんにちは 只木です

すっかり春らしくなりましたね(^_^)

 

気付くと、グリーンブリーズのサンプルガーデンも花が咲き乱れ、新芽が芽吹き、春になっていました!

春の花壇

 

春の花壇

 

冬を乗り越えたバンジー・ビオラが一斉に咲き出して、モリモリしています。

パンジー・ビオラ 春

 

パンジー・ビオラ 春

パンジー・ビオラはゴールデンウィーク頃まで楽しめるので、もう少し、このまま満開を楽しみたいと思います。

 

 

そして、、、多年草のドワーフコンフリー ヒッドコートブルーの花が咲き始めました!

淡いブルーの花色が美しくてうっとり。

花が咲くのは春の間の一瞬なので、今だけのお楽しみです。

ドワーフコンフリーヒッドコートブルー

 

ドワーフコンフリーヒッドコートブルー

 

 

ギボウシやヒメイワダレソウは休眠から目覚めたご様子。

ギボウシ(2種類のギボウシ)の新芽

ギボウシ 4月中旬

 

ヒメイワダレソウの新芽

ヒメイワダレソウの新芽

 

 

ジューンベリーも花が咲きました。

ジューンベリーの花

 

 

いや~ 今年の冬は大雪や低温で厳しかったので、春の訪れがひときわうれしいです!(^o^)

2014年3月22日
春のあしおと♪

春一番が掃除したてのサッシの窓に~♪♪

思わず口ずさんでいる大津です。

ここオザキフラワーパークがある練馬も三寒四温を繰り返して、ようやく春の訪れを感じるようになってきました。

 

先日、自転車で通勤中に小さな春を見つけました。

街路樹も冬枯れのままの寂しい風景に見えます・・・が!!

オザキ前新青梅街道

 

よーく目を凝らしてみると・・・

 

つくし

なんとつくしが顔をのぞかせているではありませんか!!

「微笑返し」から「春一番」にテーマソング(?)が変わった瞬間です。

 

 

余談はさておき、オザキ1Fの花苗売場も一気に春めいてきました。

1ヶ月前まで売場の主役だったパンジーやビオラと入れ替わるようにアネモネ、バーベナ、デージーなど春の花壇を彩る花たちが売場いっぱいに並んでいます。

オザキ1F 花苗売場

 

早々とアジサイまで!

アジサイ

 

 

ちなみにこの春の私的お気に入り♪♪

アネモネ ピンクミストラル

アネモネ ピンクミストラル

 

ポレモニューム スティアウェイトゥヘブン

ポレモニューム スティアウェイトゥヘブン

どちらも繊細な色合いが素敵です。

 

おまけ

トマトのような外見に思わず二度見してしまったラナンキュラス フェスティバル

ラナンキュラス フェスティバル

遠目からみると完全にトマト。

 

 

オザキフラワーパークでは春に向けて、3/23(日)まで植物全品10%OFFセールを開催中です。

ぜひ、お気に入りの植物を見つけに来てください。

2014年3月5日
高木の剪定をしました

こんにちは 只木です

気付けば3月。まだまだ寒いですが、日差しが少しずつ強くなっている気がします。

もうすぐ春ですね~

 

先日、施工の準備段階としてお客様邸の既存樹の剪定に入りました。

場所は都会、高田馬場ですが、かなり大きい木々。

ここまでの高木を剪定するのは、グリーンブリーズの工事では珍しいことです。

庭の工事に入る前に、冬のうち(休眠期)に強めに剪定しておきましょう、ということで、職人さんが登って切りました。

 

高い所にサッと登って、パパッと切って、、、職人さん達、かっこよかったです!

エノキ モミジ 剪定中

エノキとモミジ

 

エノキ モミジ 剪定後

剪定後

 

タケ 剪定前

タケも切りました

 

タケ 剪定後

剪定後

 

タイサンボク 剪定前

タイサンボク

 

タイサンボク 剪定後

剪定後

 

切り終わってひとまずさっぱり。

来年もう少し下の位置で再剪定すると、下の枝が茂って樹形のバランスが良くなると思います。

庭のリフォームプランをこれから詰めて、、、庭の工事はもう少し先になりそうです。

2014年2月16日
記録的大雪~その後の植物のケア

記録的大雪。まさかの2週連続、、、

こんにちは 只木です。いや~ とにかく凄い雪でした。

グリーンブリーズのある練馬もひどいことになりました。施工の予定もガタガタです(*_*;

 

社内の一角にあるサンプルガーデンの様子を見てみると、、、

お~埋まっています。倒れています。

雪のガーデン

 

~花壇の植物の復活に向けて~

樹木は、枝についた雪を払って、起こしたり、樹形を手で整えたりします。

水分を多く含む雪は凍りついていて落ちにくいので、力任せにやって枝を折らないように。

枝が既にどこかで折れてしまっていたら、そこは諦めて切ります。

 

倒れて雪に埋もれたポップブッシュ ドドナエア

ドドナエア 雪に埋まる

 

雪を払って、起こしてあげます。

全体的にちょっと傾いてしまったけど、折れていないので、多分元通りになってくれます。

ドドナエア 雪を払う

 

ローズマリーは株の半分が埋もれてしまいました。

ローズマリー 雪に埋まる

 

雪から掘り出して、枝を広げてあげます。

ローズマリー 雪を払う

 

 

埋もれた草花は軽く雪を取り除いて、そのまま融けるのを待ちます。

 

このぐらいで、あとは融けるの待ち。

草花 雪を軽く払う

 

草花 雪を軽く払う

無理に雪を取り除こうとすると雪にはりついた葉が千切れたり、根っこから抜けてしまったりして傷みます。

雪が融けてから、折れてしまった茎は切って整え、枯れてしまった株は抜きましょう。

 

今までの経験では、雪に埋もれた草花は、けっこう大丈夫で、春になると新芽を出したり花芽を再びつけたりします。なので、私達は過保護にせず、植物の生きる力に任せるようにしています。

 

以上はあくまでも私達の雪後のケアの方法です。

記録的な大雪でしたが、被害は最小限に止めたいですね!!

 

pagetop