HOMEスタッフブログ施工中 > 日陰地の植栽リフォーム-今後が楽しみ

スタッフブログ

日陰地の植栽リフォーム-今後が楽しみ
施工中

こんにちは 只木です。寒い日が多くて、桜がなかなか満開になりませんね(^_^;)

 

今回は施工のご紹介です。

先日、近隣の西武池袋線 大泉学園駅に程近い歯医者さん「大泉こどもおとな歯科診療室」の

外構リフォームを全体的にデザイン・施工させていただきました。

その中の一部、中庭の植栽リフォーム例をご紹介します。

 

しゃれたモダンな建物の歯医者さん。

その中庭は来院者さんの目に真っ先にとまり、診療室の中からも、どの角度からも同時によく見える場所です。

 

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭

 

当初は一面に芝生が植えられていました。

しかし生育状況が良くなく、何となく暗い印象に。

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭

(施工前)

 

 

現地を拝見して、日当たりと水はけが、芝生の生育には合っていないと考えられました。

特に日当たりは、天井が吹き抜けになっているものの、壁に囲まれていて直射日光がほぼ当たらない状況です。

しかし、植物で生命力のある感じにしたい、とのことでしたので、

芝生を耐陰性のあるグランドカバー植物に植え替えて、

泉から植物が湧き出ているイメージのデザインをご提案しました。

 

~施工開始~

まずは現状の芝生の撤去。次に土壌改良。

何といっても土が重要です。土が悪ければ、どんな植物もうまく育ちません。

土を掘り返してやわらかくして、パーライトや腐葉土などの土壌改良材を混ぜ込みます。

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭 土壌改良

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭 土壌改良

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭 土壌改良

~ふかふかの、気持ち良さそうな土へと改良されました~

 

次に植栽です。

環境に合う植物を植えることが重要です。

今回は、グランドカバー植物、シンボルツリー(低木)、下草類、すべて半日陰または日陰で

生育可能と考えられるものを選びました。

ちなみに、グランドカバー植物に使ったのは、フッキソウ、ツルニチニチソウ、アイビー、アジュガ、グレコマ、サギゴケ、リシマキアの7種類です。

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭 植栽

 

大泉こどもおとな歯科診療室 中庭 植栽

(施工後)

 

あとはグランドカバー植物が伸びて地面を覆ってくれるのを待ちます。

今後も、安定するまでは、グランドカバー植物の管理・調整作業に入らせていただきます。

これからの変化や生長が楽しみです♫

pagetop