HOMEスタッフブログ花壇 > 夏花壇におすすめ!の花々

スタッフブログ

夏花壇におすすめ!の花々
植物

こんにちは 只木です。

梅雨も終盤。もうすぐ、いよいよ、夏本番がやってきますね(^_^;)

 

今回は夏の花壇におすすめの花のご紹介です。

 

実際に私達が花壇で育ててみて、日本の蒸し暑い夏でも元気で育てやすく、花つきがよかったものです。

価格も1鉢200~400円程度とお手頃。

色のバリエーションも豊富なので、カラーコーディネートしながら、ぜひお試し下さい!

 

■アンゲロニア

アンゲロニア

 

アンゲロニア

 

アンゲロニアの暑さに対する強さは、本当に頼もしいです。

草丈があり、よく茂ってボリュームが出るので、花壇の中間から奥側に植えるのに適しています。

秋に入ってもよく咲きます。

 

■ニチニチソウ

ニチニチソウ

 

ニチニチソウ

 

ニチニチソウ

 

ニチニチソウは平凡過ぎて、、、と敬遠する声も耳にしますが、、、

花色も品種も豊富なので、選び方によって様々なシーンで使えると思います。

少しだけ草丈が出るので、花壇の手前~中間に向いています。

 

例えば、グリーンブリーズの花壇でも、アンゲロニアとニチニチソウは、毎年使います。

花壇 ニチニチソウ アンゲロニア

この写真ではわかりにくいですが、白花のニチニチソウとアンゲロニアを使っています。

 

■ジニア (別名ヒャクニチソウ)

ジニア

 

元気な花色が欲しいとき、ジニアもよく使います。

ビタミンカラーが夏に似合います。

別名のヒャクニチソウのとおり、花期が長いので、秋まで活躍してくれます。

ちなみに、秋になると、ぐっと花色が濃くなり、それもお楽しみの一つです。

 

夏の花壇はさわやか路線?元気いっぱい?自分なりに楽しみながら、ご紹介した花々もぜひ使ってみて下さい(^_^)/

pagetop